zzz

22lr:

odakin:

tkr:

CNN.co.jp : 「世界一黒い物質」、英企業が開発 - (1/2)
英ロンドン郊外で開催中のファーンボロー国際航空ショーに出展され、話題を呼んでいる黒い物質。英企業が開発した「世界で最も黒い物質」はまるでブラックホールのように光を吸い込み、それで覆われた物体の形状を人間の目で見分けることはできない。
「ベンタブラック」と名付けられたこの物質は光の99.96%を吸収する。黒い塗料などの通常の黒色では吸収率が95~98%。開発元のサリー・ナノシステムズ社によれば、英国立物理学研究所や米国立標準技術研究所で試験されたなかで最も黒い物質だという。
ベンタブラックはカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)からできており、アルミホイル上で生成される。ホイルだけのときは目に付く表面のしわも、ベンタブラックに覆われるとまるで消えてしまったかのように識別できなくなる。
「穴のようだと言う人もいる。ホイル上のでこぼこを識別するのに必要なだけの光が出てこないから」と、同社のスティーブ・ノーザム氏は言う。


ほー

モノリスレプリカが作れるな

22lr:

odakin:

tkr:

CNN.co.jp : 「世界一黒い物質」、英企業が開発 - (1/2)

英ロンドン郊外で開催中のファーンボロー国際航空ショーに出展され、話題を呼んでいる黒い物質。英企業が開発した「世界で最も黒い物質」はまるでブラックホールのように光を吸い込み、それで覆われた物体の形状を人間の目で見分けることはできない。

「ベンタブラック」と名付けられたこの物質は光の99.96%を吸収する。黒い塗料などの通常の黒色では吸収率が95~98%。開発元のサリー・ナノシステムズ社によれば、英国立物理学研究所や米国立標準技術研究所で試験されたなかで最も黒い物質だという。

ベンタブラックはカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)からできており、アルミホイル上で生成される。ホイルだけのときは目に付く表面のしわも、ベンタブラックに覆われるとまるで消えてしまったかのように識別できなくなる。

「穴のようだと言う人もいる。ホイル上のでこぼこを識別するのに必要なだけの光が出てこないから」と、同社のスティーブ・ノーザム氏は言う。

ほー

モノリスレプリカが作れるな

reblogged from useless

“ベネッセにとって名簿データは商売の生命線ともいえるほど重要だったはず。相手は子会社とはいえ、その管理を外注してしまう。しかも再委託ありで。名簿データ管理は直接には利益に結びつないからコストとみなされたんだろう。マヌケな経営者ほどITをコストセンター扱いする。”

reblogged from (^ω^)やる夫のチラ裏やるお(^ω^)

“「回転寿司の皿は右から左へ流れているから、多くの人が手に取るんだ」という意味不明な仮説があり、VTRがそれに丸ごと乗っかった構成になっていたのです。私は実験の実況アナウンサーを担当したのですが、まったく仮説通りにいかない。1~2時間たってイラついてきたディレクターから「これを読め!」と原稿を投げつけられて、「これはすごい! 右から流れているほうが、如実に多くの人が取っていますね~」と実況しました。1日中ロケをやって、そこしか使われませんでした。『あるある大事典』は、もともとそういう制作陣でつくられていた番組だと捉えるしかありませんでした。”

reblogged from hkTumblring

“大手製造業などのIT部門では、運用業務が長い技術者のキャリアパスが大問題になっているとのこと。事業部門に異動させても、受け身体質が染み付いるため、結局使いものにならないケースが多いそうだ。IaaSなどクラウド活用に踏み切れないのは建て前はともかく、本音ではこの問題があるから。”

reblogged from オッさんのTumblr.