zzz

中国、韓国、日本は、世界の中で中世期から近代まで、最も紙のコストが低い文化圏だった。それが書き言葉文化の高度な抽象化と、それに対する話し言葉文化の情緒性に結びつくのではないか(特に日本語においては、発話時の音節の多さが、言葉を少なくしニュアンスを重視する傾向を助長したのではないか)と考察する。

ケンブリッジ大学が筆記試験を導入したのは1920年代(1880年代かも)に過ぎない。それまでは口頭試問だけだった。

それは紙のコストの問題だったということはわかっている。

紙のコスト(日本は低)と、発話コスト(日本は高)の差が、論理的な話し言葉の重視と、情緒的な話し言葉の重視に分かれたと考えると腑に落ちる。

reblogged from Volevo un gatto

scalesofperception:

Colosses | Fabrice Fouillet | Via

Statues are often idealized works of art. They are ideological, political or religious representations and attempt to turn their subjects into fascinating, eternal figures. Even when erected to keep alive the memory of a single person, a statue that lasts many generations will eventually establish itself as a symbol for the community. 

Statues are even more influential when they are monumental. An edifice can be said to be monumental when it is unusual, extraordinary and physically imposing. It has to be abnormal — as exceptional as the political or religious power itself — and also inseparable from its symbolic aspects.

The series “Colosses” is a study of the landscapes that embrace monumental commemorative statues. 

SoP | Scale of Environments

reblogged from 8823design’s tumblr