zzz

“Web制作を志望してくる若い人が「モノづくりに携わりたい」と、Web制作をモノづくりと見ているんだよね。Web制作がサービス業であり、顧客へのサービスの現れがWebサイトという手段・手法であるだけなのを理解させるのは、わりと難事業。”

reblogged from shinoddddd.tumblr.com

“136 :名無し三等兵:2011/06/11(土) 21:53:00.53 ID:???
宇宙人と戦争になることってあるかな?


137 :名無し三等兵:2011/06/11(土) 22:10:00.35 ID:???
マジレスしてあげよう
楽観論では、銀河系内には25000の文明があるとされる、これは多いようで少ない
1000億個の恒星のうち、知的生命がいる惑星を持つものは25000、つまり2.5×104÷1011=2.5×10-7(4×106分の1=400万分の1)で
銀河系を半径5万光年、高さ2万光年の円柱とすると、その体積は2π×5万光年^2×2万光年≒3×1014光年~3の広さであり
知的生命が存在する数で割ってみると、体積にして約2π×5万光年^2×2万光年≒3×1014光年~3、半径はだいたい1500光年だ
つまり、文明と文明はざっと3000光年離れているわけだ、これでは、亜高速で飛ぶ船でも万年単位の時間がかかる、探し出すのも大変
この距離を隔てて侵略してくる意味があるはずも無い、なぜなら、資源だけなら半径1500光年の中にいくらでもあるからだ
そして、戦争大好きな知的生命体の文明でも、まだ他の文明との戦いの楽しみなど知らないので、母星を後にして何万光年も旅はしないはず
フォン・ノイマン型ロボットが探査しにやってきたとしても、探査が目的なので侵略にはならないはずだ
そもそも、これは楽観論中の楽観論、中間的な考えでは2,5個程度の文明しか同時に存在しないはずだとしている
悲観論ならば、この宇宙に何億光年間隔でいるかどうか
仮にやってきたとしても、戦争が始まる可能性は50%あるかどうか程度だろう、まして侵略などもってのほか
つまり、これ異常ないほど可能性は低い


138 :名無し三等兵:2011/06/11(土) 22:11:32.79 ID:???
資源だけならいくらでもあります。
太陽系に比較的近い範囲で観測しても、すでにこれだけ惑星が見つかっています。
http://www.extrasolar.net/starlisttour.asp?StarcatID=normal
掘り尽くすのは大事業です。
戦争する必要が生じそうにありません。
では、戦争を趣味にしている文明ではどうか?
やはり隣に行くだけで大事業です。それ以前に隣の文明を見つけるだけでも大事業です。
というわけで宇宙戦争を実施するのは難しいと思われます。”

reblogged from (^ω^)やる夫のチラ裏やるお(^ω^)

prostheticknowledge:

The Nexus Browser

Jim Boulton of Digital Archeology demonstrates the first web browser on the system it was developed on, the NeXT Cube:

Tim Berners-Lee made the first website, and the first web browser, on a NeXT Cube running the now obsolete NeXTSTEP Operating System. As a result, very few people have seen the first website in its true environment.

The first web browser, called WorldWideWeb and later renamed Nexus, was a browser-
editor. It could be used to create pages as well as browse them. Not only that, it allowed user-centric and document-centric browsing.
Usually technology dates very quickly but though twenty-five years old, the NeXT computer and its operating system have aged well. In fact, the GUI looks very similar to modern desktops. In particular, the dock on the right hand side looks very familiar and this is not a coincidence. When Steve Jobs left Apple and set-up NeXT, he took a few key employees with him, one of whom was Susan Kare, who designed the Apple Macintosh GUI. When Apple bought NeXT, one of the key assets they bought was the NeXTStep O/S, which formed the basis of Mac OS X.

You can find out more at Digital Archeology here

reblogged from (^ω^)やる夫のチラ裏やるお(^ω^)

“昔校長先生が「勉強しないと視野が狭くなる。勉強しないと僅かな知識だけでこの世を理解しようとするせいで、ありえない仕組みを仮定して「分からない」を埋め立て始める。分からない物の多さが分からないからなんでも知ってる気分になってしまう」と話してたの、今になってすごく意味がわかる。”

reblogged from オッさんのTumblr.

――もし株主から「マリオの表情を変えて何パターンもカードを作れば、それぞれに1万円払ってくれることが、いわゆるソーシャルゲームの成功で分かったのに、任天堂はどうして5800円の定額ビジネスにこだわるのか? 何万円も払わせるガチャシステムも導入して、ソーシャルゲーム企業並みに生産性を高くするよう経営者なら努力するべきではないのか?」といわれたら、経営者としてどう答えますか。

 会社を「利益をあげるための装置」としてのみ見るのであれば、利益が効率的にあがる方法をしないのは、経営者として利益追求に真剣ではないという見方もできると思います。

 もし私が来年の任天堂の業績だけに責任をもてばよく、20年後の任天堂なんてどうなってもかまわないと思い、ゲームビジネスの健全性や、作り手と遊び手の満足しあえる関係性に私が興味なければ、全然違う判断もあるのかもしれませんけど。長いレンジの企業価値の維持という私のスタンスとは合いませんね。

reblogged from (^ω^)やる夫のチラ裏やるお(^ω^)